作品
リンク

2009

2010

2008
2002. 4
2002. 3
2002. 1-2
2003
2001
2002. 7-12
2002. 6
2007
2004
2005
2006
   
  この薔薇は、春にしか咲かない品種。 だから、どんなことがあっても咲きたいと思ったのかしら。 

  あと、もうひとつ、 ヒマラヤン・ムスク・ローズというつるバラが春にだけ咲くはずなのだが、 こちらは、 この春は諦めなければならないようだ。  天候の不順に振り回されながらも、 ようやく一昨日から晴天が続いている。                                                     
  今年のバラは、 雨の合い間に日が照ると毛虫が大量に発生して葉や蕾を食べ、 かろうじて残った花は、 雨に打たれて腐った。 オールドローズは全滅。  
  ローブリッターというクラシックな花型のモダンローズだけ、 今を盛りに咲いている。  カップ咲きといって、散るまでこの形のままを保つので、 とてもかわいらしく、大切にしている薔薇の ひとつだ。                       
2002.5.26 (日)
 日本ジュウリー展の準備を手伝いに、 伊丹市立工芸センターへ。  私自身は、 今回は忙しい時期に重なったので応募してはいないのだけれども、 展示のお手伝い。  展示台を並べ、 作品をディスプレーしていくといえば簡単だけれど、 9時半に開始して5時半まで、 立ちっぱなしでくたびれてしまいました。  間違いのないよう確認を繰り返しのうえ、 台は重いし、 符丁をはずしたり番号シールを貼ったりと細かい作業もたくさん。
 なんて言いながら、 普段は触れられない 他人の作品に触れられるというので、 実に愉しい。  なんってったって、 裏を見ると作り方が解明できたり、 作り方で不明な点があれば誰やかやが教えてくださる。  
 今回は、 一般宝飾部門の綿貫安則さんという方の作品に感激。  部品の制作も難しかったでしょうし、 それを組み立てるロウ付けの美しいこと。 そして画期的な古美しかた。 完璧でした。 作っているところを見てみたいです。   
2002.5.16 (木)
  夜、 TちゃんとOさんの結婚のお祝いとharuさんのカナダ転居の歓送会を兼ねてのparty。 今回は、 スペイン料理。  時の流れをひしひしと感じる。  みんな新しい生活の中でさらに幸せになってね。
2002.5.10 (金)
  西宮の浄願寺で祖父の35回忌。 小学二年生の春に脳溢血であっけなく亡くなったのだ。
  幼い頃、 祖父が杯でお酒を飲む時、 いつも膝の上に座っていた記憶がある。  幼稚園の頃には、 祖父が毎朝食べるオートミールをひとくちもらった時のまずさや、 小学校の入学式に着るスーツの生地を選びに行った日、 仕事を終えて帰ってきた祖父に水色の生地を見せたときのことなど、 ほんの少しの断片しか記憶にない。  にもかかわらず、 私は、祖父を思い出すとき、 とてもあたたかい気分になる。  大切に思われていたことを幼いながら感じていたからのような気がしている。 
2002.5.11 (土)
  毎年、 どうしたわけか5月になると俄然忙しくなる。  明日はイチゴ狩り、 あさっては夜生徒さんの結婚を祝してpartyなので朝から料理に励む。 その次は、 祖父の35回忌で西宮へ。 次の週も、 伊丹に一日、 ポーアイで国際宝飾展があり石の買い付けに一日。 
  私は子丑空亡なのだが、 どういうわけか空亡がきつく、 5月初旬の立夏まで(寅の月まで)かかっているという。  空亡のときには、 物事を始めないほうが良いというだけあって、 自然と5月には忙しくなるのだろうか。  毎年、 忙しくなると空亡が明けたんだと思い出す。  
2002.5.8 (水)
  今日は、 この春一番に、むしむしと暑い日だった。
庭に出ると、 雨のあと、 いっせいに動き出したのか毛虫がいたるところに。  私が大切にしている粉粧楼という名の 100枚以上もの花弁を持つバラの蕾を半分近く食べてしまっていた。 今年はたくさんの花が咲くと楽しみにしていたのに.....  
  今、 庭は花盛り。  すずらん、 姫いずい、 つぼさんご、 一人静か、 半鐘蔓、 岩石蘭、 黄えびね、 高嶺えびね、 紫蘭、 なでしこ、 ガーベラ、 チェリーセージ゙、 ノースポール、 八重咲きのチューリップ、 クレマチス、 その他名前を忘れちゃった花たちが咲き競っている。 

  そんな庭の片隅で、 愛車ビアンキのクロスバイクを洗い、 ワックスをかけた。 “水色と緑色の中間の色合いが、なんと爽やかなんだろう! そして、うっすら水色に光るメタリックの加減もちょうど良いよね。” などと 心の中で絶賛しているうちに、 あっという間にピカピカになっていった。  なのに、何ヶ月も使うだけ使って洗わない無精者の私。  赤穂で、 タイヤまで車体と同じ色の自転車に乗っていたら、 それは私です。  声をかけてやって下さい。
2002.5.5 (日)
このPageのTopに戻る